予知夢と夢占いについて

予知イメージ水晶2 予知夢

予知夢と夢占いは似ているところもあれば違うところもあります。

今回は予知夢とは何か?ということについて、そして夢占いとの類似点や異なる点などをまとめます。

  • 予知夢とは何か?
  • 予知夢と夢占いの類似点と相違点
  • 予知夢との上手な付き合い方

およそ上記の順番でまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。

[toc]

予知夢とは?

睡眠夢イメージ2

予知夢とは夢で見た現象が何らかの事象を予知、予告していることを指します。

神秘的な話ですね。

人を守ってくれる御先祖様からの告知であるという考えや土地にいる守り神様からのお伝えと考えるケースなどもあります。

それ以外にも守護霊様からの告知だと考える人もいることでしょう。

他には自分の前世からの告知と考える人もいるようです。

その予知夢では地震などの災害を伝えるものもあり、その人を守ってくれる信号であることも多いことからそのような神秘的な考え方になるのだと思われます。

また、一般の人はこの予知夢をほとんど見ません。特定の人だけが見るとされそれはあたかも霊感があるかのごとく。

夢の中でも特別なものと考えられます。

夢占いとも似ているようでちょっと違うイメージがありますね。

 

予知夢と夢占いの類似点と相違点

夢の考えるイメージ2

それでは予知夢と夢占いの類似点と相違点を挙げていきましょう。

 

予知夢と夢占いの類似点

夢に出てきたことをそのまま実行したらうまく言った場合などは、それが予知夢であったと考えるかもしれません。

しかしながら夢を見る時の人間は脳がフル回転しているとされ、それまでの自分の経験や考えなどを整理している状況。すなわちいろいろな情報を整理しているのです。

なので自分が目標としていることや得たいこと、解決策を練っていることの回答などが夢に出てくる可能性もあり得ます。すなわち予知ではなくて脳が回答を出しただけ。

その場合は心理学的、科学的に実証される可能性のあるものであり、それは夢占いに近いと思われます。

ただ絶対的にそうとも言い切れない部分もあるので予知夢と夢占いは近い部分もあると考えていいでしょう。どちらが正解なのか?それを解明するのはナンセンスなのかもしれません。

 

予知夢と夢占いの相違点

例えば地震などが起きることを予知夢で見て、そのままその現象が起きた場合、それは心理学や統計学など科学的に立証できなくなる場合が多いです。

先にも少し紹介したように守護霊やご先祖様からの告知と考えるべきかもしれません。

そうなると脳が眠っている時に動いて情報を整理して何らかのメッセージを伝えるとされる心理学や統計学で説明ができる夢占いとは大きく異なってきます。

 

難しく考えないほうがいい?

ただ、そういう分類こそがナンセンスなのかもしれません。

あまり難しく考えず自分の夢を楽しく考えたほうがいいのかもしれませんね。

特に定義付ける必要もないのかも。

 

予知夢との上手な付き合い方

災害イメージ

地震や災害などの予知夢を見た時にはどうしたらいいのでしょう?

もちろん、それが本当の予知なのかもしれないので不測の事態もある程度は想定して備えをするといいでしょう。

でも、それをあまりにも気にしすぎて普通の社会生活に支障をきたすようでは本末転倒です。

当然のことながら外れる可能性もあるからです。

一定の備えをしつつもあまり気にしすぎないようにしましょう。

特に予知夢がよく当たるという人の予告などは怖いものがありますが、よく当たるという人の話でも現実には当たらないことも多いです(当たる話ばかりが強調される傾向が強い)。

 

まとめ

  • 予知夢は科学的、心理学的に証明しずらい分野
  • 一方で夢占いは科学的、心理学的に基づいている部分が多い
  • よって予知夢と夢占いは異なる
  • ただし類似点もあり無理に分類する必要もないかも
  • どちらもあまり気にしすぎるのは良くない

今回は予知夢と夢占いについて、その類似性や異なる点などをまとめました。

個人的には神秘的に考えたほうが楽しいと思うのであまりその2つを分類せずに楽しんでいます。そして気にしすぎないように注意しています。

あなたも上手に予知夢や夢占いと付き合ってくださいね。

コメント